日本酒の賞味期限はどのぐらい?保存期間と保存方法や古くなった清酒の飲み方

日本酒
Pocket

日本酒と言えば甘口からスッキリまで幅広く楽しめるお酒として好きな人も多いですよね?
ご存知と思いますが、日本酒のラベルには賞味期限の記載がありません。

じつは私はつい最近まで気づきませんでした。
というのも日本酒とワインにいたっては、購入すると基本的には日をおかずすぐに開栓、のこすことなく飲み切ってしまいます。

なぜか昔から「もう飲めないな」とか「あとは後日にのこしておこう」という考えがありません。

いつも気づくと「あ、もう空っぽになっちゃった」という感じで終わります。

日本酒の賞味期限の記載を気にしたとき、少しおどろきました。
そういえば、記載がない。

いくらアルコール分が多いといっても、とてもデリケートなお酒なのに、賞味期限はないの?

「品質製法表示基準」には製造年月の記載とはありますが、賞味期限の記載は義務付けられていません。

食品表示法によると、商品には賞味・消費期限を記載しなければならないとされています。

酒類は「加工食品等」に分類されますが、この加工食品等も急速な劣化が考えられる商品については賞味・消費期限をさだめると決まりがあります。

記載がないという事は、急速な劣化はしないということになります。
体の中へ入るもので、賞味期限をまったく気にしないで口にするということには少し抵抗があります。

ラベルに記載がなくても賞味期限について知識があれば安心して大好きな美味しい日本酒を飲むことができます。

今日は日本酒の賞味期限について、さまざまな角度からみていきたいと思います。

 

おつまみ付きのおすすめ日本酒「saketaku」

今なら日本酒の宅配サービス「saketaku」で500円分のクーポンがもらえる!

日本酒のプロが厳選した日本酒を毎月自宅で飲めるサービスの「saketaku」で毎月150名限定の500円分のサービスを受けることができます。

クーポンの受け取り方は「saketaku」のホームページ一番下にメールアドレスを登録するだけ!

「saketaku」のホームページはこちら

希少で美味しい日本酒を毎月お届けしている日本酒の定期便「saketaku」を有効活用してください。

日本酒の賞味期限はどのぐらい?

日本酒のラベルに製造年月(瓶に詰められた日のこと)の記載はありますが、賞味期限の記載はありません。

いつまでも味が変わらず美味しいままなのでしょうか?
もしもそうだとしたら、まさに魔法のお酒です。

日本酒ラベルの製造年月とは、お酒をしぼった日のことではなく、瓶につめられた日のことをさします。

日本酒にかぎらず、焼酎などのお酒もアルコール10%以上のものは賞味期限の記載義務がありません。

しかし、獺祭や久保田など銘柄によっては賞味期限を示していることもあります。
さすが、こだわりがありますね。

獺祭の場合は「生酒は1週間以内。そのほかも1~2ヶ月以内を目安に」とホームページにはのっています。
久保田の場合は「開栓せずに冷暗所での保管の場合、約半年から1年程度」となっています。

製造した日本酒とわたしたち消費者にたいする優しい思いがつたわってきます。

気になる方はぜひ一度ホームページを見てください。

日本酒の賞味期限は「美味しく飲める期間」ということで、種類によってもちろん期間は変わります。

 

日本酒のアルコール度数が高いわけ

日本酒

種類による賞味期限の紹介の前に、先ほど少し触れた日本酒のアルコール度数についてお話しさせて下さい。

日本酒はお米に麹菌を加え糖化させ、さらに清酒酵母を加えて発酵させます。

これを1つのタンクで同時に行うことで、とても効率よくアルコール発酵もすすみます。
そのため、日本酒のアルコール度数は高くなるのです。

アルコール度数が高いと腐食が進みません。
そのため、ほとんどのアルコール飲料には賞味期限の記載がありません。

なかでも日本酒は15~16%と高めで、ワインは12%くらい、ビールは5%くらいです。

ちなみに、日本酒はアルコール度数が22%以上になるとリキュール扱いになります。

 

生酒や清酒・日本酒の種類によって賞味期限が違う

日本酒

多くの酒屋さんでの商品管理法は次のとおりです。

加熱処理されている日本酒は約1年で、加熱処理されていない生酒・生貯蔵酒(出荷前に1度だけ火入れを行います)は約6~7ヶ月(冷蔵保管)となっています。

日本酒は製造直後と出荷直前に加熱殺菌をおこないます。
しかし生酒・生貯蔵酒は菌が生きている状態なので、加熱処理された通常の日本酒より保存期間は必然的に短くなります。

加熱殺菌とは、劣化をふせぐために65度前後でおこなう処理のことで、「火入れ」といいます。こうすることで、日本酒は比較的長持ちします。

 

日本酒の保存期間で味のピークはいつ?

日本酒

日本酒にも美味しいピークのときがあります。
酒蔵が思っていた以上に長々と放置されてしまったお酒は、劣化が進んでしまっている可能性があります。このことを「老ね(ひね)」といいます。

もうひとつ、「熟成酒」と呼ばれるものがあります。

熟成を見込み、酒質設計されている酒のことです。
様々な冷暗所(冷蔵設備のある倉庫など)において、タンクや瓶、樽などで数年間貯蔵されます。

酒蔵では「食中酒として飲むには、このくらいかな?」など、消費者に届くであろう時期を考え、頃合いをみて商品をだしています。
まさに職人技です。

その心遣いをムダにしないよう、わたしたちも美味しい状態で美味しく日本酒をのみたいです。

 

日本酒の賞味期限を延ばす保存方法

日本酒

日本酒は直射日光に当たると色や成分が変化してしまいます。
必ず直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

日本酒の一升瓶に茶色が多いのは光を極力遮断するためだといいます。
やはり日本酒にとって光は大敵だということです。

温度も大切です。温度が高い場所にずっとおいておくと、色がつき始め独特な匂いが発生してきます。
低い温度で貯蔵することがベストです。
最低でも15度以下が良いそうです。

そしてもうひとつは空気です。
開封したらできるだけ早く(冷蔵庫に入れて1~2週間以内)飲み切ります。
もし余ってしまい、飲み切れない場合は料理酒として使うのもいい方法です。

これらを考えると、一番良い保管場所は冷蔵庫ということになります。
冷蔵庫の中がいっぱいで、保管が難しい場合はシンク下などの冷暗所も適しています。

紙パックや開封後の日本酒は、とくに劣化が早いので気をつけたいです。

 

開封した日本酒の賞味期限

日本酒

日本酒はアルコールの殺菌作用により腐食が進まないので長期間の保存が可能です。
そのため、賞味期限の記載がありません。

開封した場合の賞味期限はどうなるでしょうか?
空気にふれてしまうので、酸化が進んでしまいます。

一週間もたつと味も劣化してしまい、開封時の美味しさとはまったく違うものになっています。

ベストなのは開封した当日か2~3日以内に飲み切ることですが、どうしても飲み切れないときもあります。

そのときは,瓶の口などを清潔に保ち、冷蔵庫や冷暗所で保存したうえで1週間を目安に飲み切りましょう。

それ以外の方法としては先ほども言ったとおり、料理酒として使用することです。

日本酒にふくまれているアミノ酸が旨味をひきだしてくれます。味噌と醤油、どちらとも相性がいいのもうれしいです。

もう一つのおすすめは、お風呂へ入れてしまうことです。
鍋で60度くらいに加熱して、沸かしたお風呂の中へ入れます。燗酒を肌で感じましょう!
浴室にお酒の香りがただよってリラックス効果バツグンです。

せっかくの美味しいお酒が美味しさを失い、まったくちがう味になってしまうのは避けたいです。長くても1ヶ月以内に飲み切りましょう。

 

日本酒の劣化と古酒はちがう?賞味期限が過ぎるのと熟成の違い

長期熟成することによって、香りや味の変化を楽しめるお酒が古酒です。

古酒には定義があり、「満3年以上酒蔵で熟成させた糖類添加酒を除く清酒」
とされています。

熟成期間は酒蔵や銘柄によってさまざまです。

2年の古酒もあれば、10年以上の古酒もあります。
熟成期間が長くなればなるほど熟した果実のような香りになります。
「熟成香」といわれるものです。

これにたいして、劣化した日本酒から発生する香りは「老香(ひねか)」「日光臭」「酸臭」といわれるものがあります。
香りがとても似ていると言われていて、実際、香りだけで区別するのはなかなか難しいそうです。

香りが似ていても、3年、5年、または10年以上も熟成させた「古酒」と、劣化した日本酒はまったくの別物です。
味はあきらかにちがいます。

自宅で長年おいておいたら古酒になった!という事にはなりませんので注意してください。

古酒はプロの管理の元で貯蔵されているからこそ、あの独特な深い美味しさが出来あがります。

 

日本酒には賞味期限がある!開封後はなるべく早く飲み切ろう

日本酒

日本酒の賞味期限について、また新たな知識が増えました。

日本酒の瓶のラベルには賞味期限の記載はありませんが、製造年月が記載されています。
購入するときは、この製造年月を参考にすると良いです。

火入れを行っているお酒は長くても1年以内、行っていない生酒や生貯蔵酒は冷蔵保管したもので、半年くらいを目安に飲みましょう。

大事な保存方法ですが、なんといっても一番は冷蔵庫です。

直射日光はご法度。
食品類はどれをとっても、直射日光が当たる場所での保管は良くありませんので、みなさんお分かりだと思いますが、避けてください。

冷えていて温度変化もなく、日の光も当たらない暗い場所
そこだけ聞くと、なにかホラー映画のタイトルのようで、薄暗いイメージが頭にうかんでしまいますが、日本酒にとってはこのうえない最適な場所になります。

気持ちよく、安心してやすめるのでしょうね。

そして、開封した日本酒は風味が変わり美味しさがどんどん失われていってしまうので、できるだけ早く飲みきることをおすすめします。

最近は日本酒を使用した化粧品も発売されています。

美味しいお水と美味しいお米からつくられた化粧品は、それだけでツルツルすべすべになること間違いありません。
女性にかぎらず、男性にも試してもらいたいです。



古くさい考えと言われそうですが、わたしは日本に生まれ、ありがたい事に祖父ゆずりのお酒が大好きな体なので、これからも全国の美味しい日本酒をたくさん飲んでいきたいと思っています。

みなさんにも是非、一緒に楽しんでいただきたいです。

これを読み、賞味期限や保存方法について分かっていただけたと思います。
もう安心です。あとは心おきなく、ゆったりした気分で好みの日本酒を楽しみましょう。

 

おつまみ付きのおすすめ日本酒「saketaku」

今なら日本酒の宅配サービス「saketaku」で500円分のクーポンがもらえる!

日本酒のプロが厳選した日本酒を毎月自宅で飲めるサービスの「saketaku」で毎月150名限定の500円分のサービスを受けることができます。

クーポンの受け取り方は「saketaku」のホームページ一番下にメールアドレスを登録するだけ!

「saketaku」のホームページはこちら

希少で美味しい日本酒を毎月お届けしている日本酒の定期便「saketaku」を有効活用してください。

お酒と上手く付き合っていくためのアルコールチェック

あなたはアルコールが体質によってどの程度分解できるか決まっていることを知っていますか?

お酒と上手く付き合っていくためにはあなたのアルコール体質を知ることが重要です。

 

お酒は飲み続けても強くなりません!

かなりの部分で遺伝的体質によって決まっているのがお酒の強さなのです。

なかなか酔わないからといって急ピッチでお酒を飲んでいると急性アルコール中毒の危険もあり注意が必要。

お酒と楽しく長く付き合うためにも一度あなたのアルコール体質をチェックしましょう!

 

アルコール体質をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました