日本酒の温度による味の違い!熱燗やぬる燗・冷酒の適切な温度と名前やおすすめの銘柄を紹介

日本酒
Pocket

日本酒は、うまみ、渋み、苦み、甘み、酸味などが複雑に絡み合い、個性的な味わいを作り出します。

その表情はとても繊細で移り気で、温度を変えるだけで、驚くほどに味が変化していく様を楽しむことができるのです。

 

温度が変わると呼び名も変わります。

日本人は、昔から季節によって呼び名を変えて、味だけでなく趣も楽しんできました。

日本酒のおいしさは、そんなゆったりした時間を楽しむ所にも隠れているのではないでしょうか?

 

本来、どんな食事でも人の体温程度で食べると味がよくわかるものです。

ホッとした優しい口当たりに感じます。そんな35度程度のお酒を「人肌燗(ひとはだかん)」と呼びます。

昔は、「お燗番」という絶妙な温度にお燗をつける職業の人がいたほどです。

少し低めで30度は「日向燗」

40度程度は「ぬる燗」

高めになって45度程度では「上燗(じょうかん)」

熱い50度は「熱燗」

さらに熱い55度は「飛び切り燗」と呼びます。

 

熱い方だけでなく冷たいほうにも呼び名があります。

一般的には「冷酒」と一括りでまとめてしまいそうですが、趣を楽しむ日本人らしく、まるで季語のように繊細な温度差をつけています。

 

深々と降る雪ように冷たい5度程度を「雪冷え(ゆきひえ)」

冬が終わり春を迎えるころの気温に近い10度程度を「花冷え(はなひえ)」

初夏の暑くなりかけの気温に近い15度程度は「涼冷え(すずひえ)」と呼びます。

 

今回は日本酒の温度による味や名前の違い、適切な温度とおすすめの銘柄を紹介していきます。

ぜひ様々な温度で日本酒を楽しんでみてください。

 

おつまみ付きのおすすめ日本酒「saketaku」

今なら日本酒の宅配サービス「saketaku」で500円分のクーポンがもらえる!

日本酒のプロが厳選した日本酒を毎月自宅で飲めるサービスの「saketaku」で毎月150名限定の500円分のサービスを受けることができます。

クーポンの受け取り方は「saketaku」のホームページ一番下にメールアドレスを登録するだけ!

「saketaku」のホームページはこちら

希少で美味しい日本酒を毎月お届けしている日本酒の定期便「saketaku」を有効活用してください。

 

目次
  1. 日本酒の温度による味の違い!熱燗や冷やにも種類がある
  2. 「雪冷え」なめらかな口当たりで軽快なキレが盃を促す【冷酒の温度と特徴】
    1. 雪冷えにおすすめの日本酒「鳥取県 諏訪酒造の諏訪泉 富田」
  3. 「花冷え」フルーティーで優しい米の甘みとうまみを楽しむ【冷酒の温度と特徴】
    1. 花冷えにおすすめの日本酒「高知県 濱川商店 美丈夫うすにごり舞 生酒」
  4. 「涼冷え」エッジの利いた爽快さを楽しむ【冷酒の温度と特徴】
    1. 涼冷えにおすすめの日本酒「滋賀県 松瀬酒造の純米吟醸 松の司」
    2. 涼冷えにおすすめの日本酒「新潟県 渡辺酒造店 根知男山」
  5. 「冷や」ゆるゆるといつまでも飲んでいたい【冷酒の温度と特徴】
    1. 冷やにおすすめの日本酒「福井県 田嶋酒造 福千歳 山廃仕込 純米大吟醸 福 」
  6. 「日向燗」喉越しなめらかで心地よさ抜群【ぬる燗の温度と特徴】
    1. 日向燗におすすめの日本酒「愛知県 萬乗醸造 醸し人九平次」
  7. 「人肌燗」体温と同じ位に温められたお酒【ぬる燗の温度と特徴】
    1. 人肌燗におすすめの日本酒「秋田県 齋彌酒造店 雪の茅舎」
  8. 「ぬる燗」ふくよかに旨味が花開く【ぬる燗の温度と特徴】
    1. ぬる燗におすすめの日本酒「長野県 宮坂醸造 真澄 純米吟醸 山廃造り」
  9. 「上燗」温度が上がると甘みも上がる【熱燗の温度と特徴】
    1. 上燗におすすめの日本酒「兵庫県 菊正宗酒造 菊正宗 特醸 雅」
  10. 「飛び切り」あつあつが味を引きしめ雑味を排する【熱燗の温度と特徴】
    1. 飛び切りにおすすめの日本酒「兵庫県 大関株式会社 特別純米酒 山田錦」
  11. 「燗」隙間なく味が敷き詰められている感じ【熱燗の温度と特徴】
    1. 燗におすすめの日本酒「東京都 田村酒造場 嘉泉 純米酒 玉川上水」
  12. 日本酒の飲み方は温度によって味が変わる

日本酒の温度による味の違い!熱燗や冷やにも種類がある

日本酒

 

一つの種類で、その違いを楽しむのも良いですが、各温度に最適な銘柄や飲み方のスタイルを楽しむのもまた一興です。

その温度では、どの酒が一番旨いのか?何をつまみにして飲むと最高なのか?温度ごとの違いについて紹介していきます。

 

「雪冷え」なめらかな口当たりで軽快なキレが盃を促す【冷酒の温度と特徴】

日本酒

 

雪冷えは、5度程度に冷やしたキンキンに冷えたお酒です。

酸味や、苦みが出にくく、長所も短所もマスキングされやすいものです。

 

飲みながら徐々に温度が上がっていってしまいますが、温度が上がっていく過程の味の変化を楽しむことができます。

相性が良い料理は、中華料理などが最適です。

 

雪冷えにおすすめの日本酒「鳥取県 諏訪酒造の諏訪泉 富田」

 

芳醇でスケールの大きい味わいです。

油や香辛料を使った中華料理と合わせても負けることないコシと香辛料に対抗できる甘味、油をきる酸と辛み味をバランス良く持つタイプです。

冷たさにも負けない強さと深い味わいが楽しめます。

 

「花冷え」フルーティーで優しい米の甘みとうまみを楽しむ【冷酒の温度と特徴】

日本酒

 

花冷えは、シンと冷えたお酒です。

相性が良い料理は、旨味たっぷりの揚げ物や鶏のから揚げです溢れ出るから揚げの脂を流すのは、ビールと決めている人でも試す価値があるおいしさです。

 

花冷えにおすすめの日本酒「高知県 濱川商店 美丈夫うすにごり舞 生酒」

created by Rinker
美丈夫 舞 純米大吟醸 しずく媛

 

強い炭酸の刺激と柑橘類を思わせる苦みがさわやか特徴です。

脂っこい唐揚げの衣の風味を消して、旨味にほんのりと米の甘みを余韻に残します。

 

女子が好きなフレッシュな酸味が特徴です。

リフレッシュされるおいしさを実感できます。

 

「涼冷え」エッジの利いた爽快さを楽しむ【冷酒の温度と特徴】

日本酒

 

カルパッチョや薄造りの魚と相性が良いのが涼冷えのお酒です。

冷たさが、シャープでドライな口当たりを作り出し、オイルや魚の脂分をスカッと切っていくような心地よさが堪能できます。

 

涼冷えにおすすめの日本酒「滋賀県 松瀬酒造の純米吟醸 松の司」

 

スタイリッシュでまるで旨味そのものの塩のようなミネラル感がキリリと締った味を演出します。

 

涼冷えにおすすめの日本酒「新潟県 渡辺酒造店 根知男山」

 

ぎゅっと引き締まった味わいが米からくる柔らかな甘みをより一層引き立ててくれます。

アジやサーモンなど脂の強い魚に合わせてきゅっと冷たい一口が、喉を洗い流して無限のループへと引き込むようです。

 

「冷や」ゆるゆるといつまでも飲んでいたい【冷酒の温度と特徴】

日本酒

 

フレッシュ感とフルーティーさが楽しめる冷や酒は、しっかりしたうまみとキレの良さを楽しめます。

日本酒らしい味が堪能できて、ごつい味わいというよりも、食中酒として映えるお酒です。

 

山芋の磯部挙げやごぼうの煮物、いさきの塩焼きというようなお父さんの晩酌メニューがしっくりとはまります。

 

冷やにおすすめの日本酒「福井県 田嶋酒造 福千歳 山廃仕込 純米大吟醸 福 」

 

仕込みの8割が山廃のお酒です。

食事と一緒に飲むことで、食事もお酒もおいしく味わえます。

酸の立ち具合が気持ちよく、まろやかなコメの香りが口の中をさっぱりとさせます。

食後のフルーツにも合いそうな、艶やかな甘みも楽しめます。

 

「日向燗」喉越しなめらかで心地よさ抜群【ぬる燗の温度と特徴】

日本酒

 

まろやかで軽やかで繊細で味わい深い、ソフトな口当たりを楽しめます。

日本酒があまり得意ではない人にも飲みやすいと感じる温度です。

煮物がしみじみ美味しく食べられます。

 

つまみの温度と、日本酒の温かさが、絶妙に舌に馴染む感じが楽しめます。

 

日向燗におすすめの日本酒「愛知県 萬乗醸造 醸し人九平次」

 

きめ細かい甘みがぐっと乗っかって、キレのあるシャープな酸が口の脂を切って、だしの味を引き出します。

薄味の旬のタケノコやシイタケの照り煮にぴったりとはまる洗練された味わいです。

 

「人肌燗」体温と同じ位に温められたお酒【ぬる燗の温度と特徴】

日本酒

 

じんわり優しくしみわたり、心も体も温めるそんなお酒を楽しめるのが人肌燗です。

温めることで花開く乳酸やコハク酸などのふくよかな旨味、柔らかく包み込むような口当たりが楽しめます。

米の酒という旨さを実感できます。

ただ、アルコールは体温に近い温度で吸収されるため、人肌で飲むと酔いを自覚しやすいものです。

飲みすぎを防ぎたい時にお勧めする、体に優しい飲み方です。

合わせたい料理は、焼きアナゴといかの塩辛。

アナゴの肉厚で弾力がある身から出る脂は、想像以上に上品で、人肌に温めることで香り立つ芳醇でしっかりとしたお酒の味わいと絶妙にマッチングします。

イカの塩辛は、お酒がイカの甘みを引き出して、後から塩辛独特の塩気で酒の余韻を引き締めます。

お酒と料理がお互いの味を高めあうような組み合わせです。

 

人肌燗におすすめの日本酒「秋田県 齋彌酒造店 雪の茅舎」

 

こっくりとした酸が立つが味わいはまるく、飲みやすいのが特徴です。

白ワインのような、洋風料理とも相性が良い味わいで、人肌のぬくもりがつるつると喉を通っていきます。

適度な酸とまるい味わいのバランスが抜群です。

「ぬる燗」ふくよかに旨味が花開く【ぬる燗の温度と特徴】

日本酒

 

冷やでは酸味を感じるお酒でもぬる燗にすると立体感が増して、ふくよかな旨味を感じることができます。

それによって食との接点も広がっていきます。

和食のお刺身から洋風のオードブルまで、合わせる料理によってお酒も新しい味わいに変化します。

 

ぬる燗におすすめの日本酒「長野県 宮坂醸造 真澄 純米吟醸 山廃造り」

 

寝かせて熟成させて作ったお酒です。

まるで杏やドライフルーツのような香味と、独特な酸味が全体に貫かれています。

それをぬる燗にすることで角が丸くなり、芳醇な旨味に変わります。

ハーブを効かせた料理とも相性がよくなじみます。

 

「上燗」温度が上がると甘みも上がる【熱燗の温度と特徴】

日本酒

 

上燗くらいに熱くすると、それまで隠れていた含み香が楽しく花開きます。

酸味のあるお酒ならその立ち具合もよく、温度上昇に伴って奥から顔を出す旨味も楽しめます。

ヒラメやタコといったストイックな白身魚の刺身から、しっかり味付けされた角煮のようなこってり料理にも合う万能選手です。

熱めにすることで酒の味に奥行きが生まれて、伸びやかな旨さが後を引く味わいになるのが感じられます。

 

上燗におすすめの日本酒「兵庫県 菊正宗酒造 菊正宗 特醸 雅」

 

燗にするとピタリと照準があう、伸びやかな旨味とキレが特徴です。

燗で本領発揮する贈答用の高級なお酒です。

孤高の地位に君臨する難酒と呼ばれる酒の一つ。

温かくなると酸味が増幅されて、熱くなるとスパッとした切れの良い後味になる。

力強さが山田錦特有の伸びやかなうまみが増していき、アルコール度数の高さと酸味の一体感が現れます。

 

「飛び切り」あつあつが味を引きしめ雑味を排する【熱燗の温度と特徴】

日本酒

 

飛び切り程に熱くなると、その酒の持つ特徴が意外にも浮き彫りになるものです。

甘み、酸味、渋みが強く野趣のある味わいになるもの。

一見おとなしい印象だったのに、温度が上がるにつれて味全体が持ち上がるような旨味が引き立つ。

冷酒では特徴がわかりづらかったのに驚くほどの新たな味わいを見せるものもあります。

熱くすることで、熟成されて味の特徴が洗練されて研ぎ澄まされるようです。

合わせたい料理は、炭火で焼いた地鶏の焼き鳥です。

素材の強さに負けないお酒の味でなんともいえない幸福感に包まれます。

ちびちび飲んでも、お酒が沁み渡ります。

飛び切りにおすすめの日本酒「兵庫県 大関株式会社 特別純米酒 山田錦」

 

熱燗で持ち味を発揮できるお酒です。

甘みを中心にした味の構成に丸みがあります。

熱くなると辛さが引き立ち、米に由来する持ち前の甘みと相克しながら、味の輪郭がはっきり表れてきます。

味わいがぐぐっと凝縮されて緻密な印象に変化します。

 

「燗」隙間なく味が敷き詰められている感じ【熱燗の温度と特徴】

日本酒

 

燗にすると、その酒がもつ味がすべて表に出てくるような味わいになります。

熟した感じが強まり、しみじみしたくつろぎの酒が味わえます。

おでんに合わせたいお酒です。

素材の味が楽しめるシンプルなネタから、すべてのネタの旨味を吸い込んだ大根、昆布や鰹のだしを吸った練り製品と、様々な味わいと合わせて楽しみたいです。

 

燗におすすめの日本酒「東京都 田村酒造場 嘉泉 純米酒 玉川上水」

 

酸味に裏付けられた辛口の燗上がりです。

穏やかな印象の中にも、きりっとした後口のキレの良さが全体を引っ張ります。

燗にすることで味の密度が高まり、酸味に裏付けられた辛さが協調されます。

温度が上がっても崩れることはないしっかりした芯の強さを備えています。

こびずに辛さを押しとおす硬派なお酒です。

 

日本酒の飲み方は温度によって味が変わる

日本酒

 

それぞれのお酒の本質を理解するためには、温度帯を変えて楽しむ「垂直型」飲み比べがおすすめです。

垂直型の飲み比べとはワインの世界でよくみられる方法で、本来は同銘柄のヴィンテージ違いを飲み比べる試飲の方法です。

日本酒で行う場合は、ひとつの銘柄を違った温度で飲み比べてみて、あなたに合った味の温度を探す方法です。

 

色々な温度で飲むことによって日本酒のあじわいは大きく変わってきます。

日本酒の味わいが平面的なところから立体的なものへと広がっていくことを感じることができるので、ぜひたくさんのスタイルで飲んでみてください。

 

日本酒の種類の違い記事

 

おつまみ付きのおすすめ日本酒「saketaku」

今なら日本酒の宅配サービス「saketaku」で500円分のクーポンがもらえる!

日本酒のプロが厳選した日本酒を毎月自宅で飲めるサービスの「saketaku」で毎月150名限定の500円分のサービスを受けることができます。

クーポンの受け取り方は「saketaku」のホームページ一番下にメールアドレスを登録するだけ!

「saketaku」のホームページはこちら

希少で美味しい日本酒を毎月お届けしている日本酒の定期便「saketaku」を有効活用してください。

お酒と上手く付き合っていくためのアルコールチェック

 

あなたはアルコールが体質によってどの程度分解できるか決まっていることを知っていますか?

お酒と上手く付き合っていくためにはあなたのアルコール体質を知ることが重要です。

 

お酒は飲み続けても強くなりません!

かなりの部分で遺伝的体質によって決まっているのがお酒の強さなのです。

なかなか酔わないからといって急ピッチでお酒を飲んでいると急性アルコール中毒の危険もあり注意が必要。

お酒と楽しく長く付き合うためにも一度あなたのアルコール体質をチェックしましょう!

 

アルコール体質をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました