【中州JAZZ】西日本一の歓楽街中州がジャズの音楽に包まれる2日間!!無料で楽しめるイベントで熱き夜を過ごそう

Pocket

実はアルトサックスもやっているのら猫(@bar_noraneko)です。

今回は毎年恒例西日本一の歓楽街である中洲の街で行われる音楽イベント中州ジャズの紹介になります。

チケットなし、完全無料のイベントで毎年かなりの規模の動員数となっていて中洲が1番盛り上がる2日間となっているのでぜひとも参加してみてください。

出演アーティストも有名な方が多くこられ、ジャズを普段あまり聞かない方でも思わず聞き入ってしまい、誰しもがジャズに魅了されてしまう熱き夜の中洲ジャズ、2018年の日程は9月14日15日の2日間となっています。

少し涼しくなって外で過ごしやすい時期にジャズを聴きながらお酒を飲みつつ過ごせる2日間とてもおすすめなのでぜひ出かけてみてください。

 

スポンサーリンク

毎年あっている中洲JAZZの概要

 

西日本一の歓楽街として知られている中洲の街で行われるイベントでその2日間のみで動員数がなんと8万人を超えるという盛り上がりをみせている中洲ジャズ、いったい普段どこに隠れているのか不思議なくらいの人数がジャズを聴きに中州の街に集まります。

中洲自体広くないからまあまあごった返すんですが、それも楽しみの1つであります。

知らない人とも仲良くなれる一体感はフェスならではの空気だと思います。

 

2009年に第1回が行われた中洲ジャズですが初回は1日のみの4ステージでしたが歓楽街のど真ん中を歩行者天国にして行われるこのイベントは大きく話題になりました。

今年で10回目となる中洲ジャズ、年々規模が大きくなっており今年は10か所以上のステージが立ち並びます。

現在73組ものアーティストの出演が決まっており全国で有名なジャズアーティストから始まり、これはジャズではないのでは?と思うアーティストまでジャンルは様々ですが、それも楽しいイベントなら問題ないと思ってしまいます。

去年は僕の知り合いも出演しており、仕事抜け出して見に行ってました(笑)

 

路面販売でお酒も売っていたりするので、お酒を片手にジャズミュージックを聞きながら音楽にもお酒にも酔えるといったとても素晴らしいイベントです。

 

スポンサーリンク

2018年中洲JAZZ出演アーティスト

現在73組までアーティストの発表があっていますがまだまだ追加で増えそうな勢いです。

エントリーアーティストの確認はこちらの「出演アーティスト」からご覧ください。

出そろった段階でステージスケジュールを写真で貼ろうと思います。

TOKUさんのステージと鬼塚庸輔さんのステージ見たいけど多そうだな。

 

かなりのアーティストが出演するといってもやはり人気のアーティストのところには人が集まってしまうので多いステージだとめっちゃ遠くからかすかに聞こえる音を楽しむ形になってしまいます。

それだったらあまりメジャーじゃなくてもちゃんと演奏してくれてるアーティストを近くで見たほうが楽しめると去年の反省を生かして今回は狙いをつけていこうと思ってます。

 

個人的に狙っているのは女性アルトサックス奏者のユッコ・ミラーさんと村上ポンタ秀一さんの共演する「ポンコ・ミラー・バンド」なかなか女性サックスを見る機会は少ないですが、力強くもあり女性らしい柔らかい音色でサックスを鳴らしてくれるのではないかと期待しています。

 

そして毎度のことながら人が多くて断念している武田真治さんのステージも見れたらいいなと思っています。

武田真治さんイケメンだから近くで見てみたいミーハーな考えです。

 

スポンサーリンク

中洲JAZZ来たけど食事はどうする?

 

中洲ジャズ中は人があふれかえるので、少ない穴場的なお店は少ないかもしれません。

なのでその近辺のおすすめの飲食店を紹介します。

 

博多のおでんはもともと屋台で創業昭和33年とかなりの老舗屋台だったのですが屋台の条例により2017年3月に屋台をたたみ、2017年4月から立ち飲み屋スタイルとして新規オープンしました。

おでんのだしが真っ黒なことで有名なのですが、味はまったくくどくなく、とてもおいしくてお酒もどんどん進みます。

おでんの具もタコだったり銀杏だったりと種類が豊富で、個人的にはほかのおでん屋さんに無いようなものを食べるのをおすすめします。

銀杏とか春菊とか最高ですよ。

 

こちらは本店が屋台でやっており中洲店は店舗型になっていますが、本店と変わらない味でさらに居酒屋メニューも増えているといった普段使いにもすごくおすすめなお店となっています。

屋台が本店ということもあってラーメンが1番人気ですが、博多の屋台発祥の焼きラーメンも1度食べてみてほしいです。

焼きラーメン食べるために何度おかもとに行ったことか・・・

 

こちらは中洲では有名なんですがちょっと珍しい雑炊の専門店のお通です。

雑炊専門店中州に2店あるのですが個人的にお通のが好きなのでこちらをおすすめさせてもらいます。

雑炊なんかでおなか一杯にならないと思うかもしれませんが、意外としっかり量もありトッピングの種類がかなり豊富なので、結構お腹にたまります。

飲んだ後の〆にも最適なので、ぜひ訪れてみてください。

ちなみにトッピングしまくると塩辛くなってしまうので注意が必要です。

 

このほかにも普通に屋台がいっぱいあるのですが、最近は観光客の方ばかりが集まってしまって若干値上がりしていたり、福岡なのに県外の人ばかりになってたりするのであまりおすすめしていません。

味はおいしいし値段もそんなに高くはないけど福岡の人情味を感じれるほうが僕は好きです。

 

スポンサーリンク

中洲JAZZチケットも入場料も無しでどうやって運営してるの?

こんなに大規模なイベントで全くの無料とはいったいどうやってるのか気になってしまいますが、運営に当たってはスポンサー収入とグッズの販売のみでやっているそうです。

中洲ジャズの開催費用は総額5000万近くかかるそうなので、運営費が切れてしまうと開催できなくなってしまうそうな。

 

こんないいイベントがなくなってしまうのはもったいないと思い、今年はTシャツを買うことを決めています。

普通にかっこよかったし普段でも着れそうですしね。

みなさんもぜひこのイベントがなくならないように協力してください。

 

スポンサーリンク

2018年10周年の中洲JAZZへの心構え

 

楽しむ気持ちとお酒と音楽に酔いしれる心構えじゃないですかね。

全くジャズわからない方でも楽しめるイベントなので軽い気持ちで参加して楽しめるイベントです。

これを機にジャズにハマるもよし、当日楽しんで来年にまたこようと思うもよし、なんせ無料なんですから楽しまないと損ですしね。

 

まだ情報が出そろってないので追加情報が出次第追記していきます。

 

ブログランキング参加中


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました