日本酒の辛口・甘口の違いとおすすめの銘柄は?味の違いは日本酒度によって決まる

日本酒
Pocket

最近、日本酒が若い女性に人気が出てきているという話をよく聞くようになりましたよね。

飲み会や宅飲みで日本酒を飲む機会も増えてきました。

 

そういう場で日本酒を飲んでいると「辛口が好き」という人と「甘口が好き」という人に分かれます。

そういえば辛口と甘口ってどう違うんだろう?

とふと疑問に思いませんか?

 

また、酒屋さんで買うとき数字の表示しかない時にどれが辛口なのか甘口なのかわからないですよね。

そこで今回は辛口と甘口の違いやそれぞれの特徴、おすすめの銘柄などを紹介していきます。

 

おつまみ付きのおすすめ日本酒「saketaku」

今なら日本酒の宅配サービス「saketaku」で500円分のクーポンがもらえる!

日本酒のプロが厳選した日本酒を毎月自宅で飲めるサービスの「saketaku」で毎月150名限定の500円分のサービスを受けることができます。

クーポンの受け取り方は「saketaku」のホームページ一番下にメールアドレスを登録するだけ!

「saketaku」のホームページはこちら

希少で美味しい日本酒を毎月お届けしている日本酒の定期便「saketaku」を有効活用してください。

 

日本酒の辛口・甘口の特徴とは?日本酒度によって決まる

日本酒

 

まず日本酒は水・アルコール・酸・糖でできています。

日本酒の辛口か甘口かを判断する基準としては3つあります。

それは糖の量で決まる【日本酒度】、酸の量で決まる【酸度】、アミノ酸の量で決まる【アミノ酸度】です。

 

日本酒度

日本酒度とは日本酒の中に含まれる糖の量のことです。

辛口か甘口かに一番影響する数値が日本酒度です。

一般的にはこの日本酒度によってその日本酒が辛口なのか甘口なのかがわかります。

 

日本酒度の数値のマイナスが大きくなるほど甘口になり、日本酒度の数値のプラスが大きくなるほど辛口になります。

細かく言うと日本酒度の平均が0.0~+5.0なので日本酒度がマイナスのものが甘口で日本酒度が+5.0より高いものが辛口になります。

 

酸度

酸度とは日本酒の中に含まれる酸(リンゴ酸・コハク酸・乳酸など)の量のことです。

この酸度が高いほど辛口になり低いほど甘口になります。

酸度の平均は1.4~1.6とされているので、1.6以上が辛口で1.4以下なら甘口として考えられます。

 

アミノ酸度

アミノ酸度とは日本酒の中に含まれるアミノ酸(グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、セリンなど)の量のことです。コクや旨味につながります。

このアミノ酸度が高いと甘口寄りになりアミノ酸度が低いと辛口寄りになります。

 

わかりやすくまとめてみました。(これに当てはまらない場合もあります。)

日本酒度が低く酸度が低い【淡麗甘口】

日本酒度が低く酸度が高い【濃厚甘口】

日本酒度が高く酸度が低い【淡麗辛口】

日本酒度が高く酸度が高い【濃厚辛口】

 

これにアミノ酸度が足されることでコクがプラスされます。

一般的には日本酒度の高い・低いによって辛口・甘口が決まりますが、酸度とアミノ酸度によって辛口でも甘口に感じるような味わいの日本酒もある。

またその逆もあるということですね。

 

日本酒辛口のおすすめの銘柄と飲み方

酔鯨酒造 酔鯨特別純米酒 (高知)

日本酒度 +6

酸度 1.6

 

辛口の日本酒でおすすめなのが高知にある酔鯨酒造の酔鯨特別純米酒です。

飲み方は少し冷やすかぬる燗がおすすめです。

辛口ならではのキレの中に甘さも感じられる日本酒です。

食事にも合う日本酒で、刺身や煮物、ビーフジャーキーなどをつまりにしてもおいしく飲めます。

 

酔鯨というだけあってラベルにクジラのイラストが描いてあって見た目もかわいいです。

味に関係なくラベルが気に入って買う人もいます。

プレゼントとしてお世話になった人やお祝いの品として贈っても喜ばれます。

 

株式会社三千盛 三千盛超特 (岐阜)

日本酒度 +16

酸度 1.6

 

もう一つおすすめするのが岐阜の三千盛超特です。

飲み方は燗、常温、冷やしてなどがありますが、冷やして飲むのが一番おすすめです。

 

この酒蔵の日本酒はすべてが辛口で日本酒度もかなり高いです。

公式HPにも「からくち」にこだわってお酒を作り続けてきたとある通り、キレがありつつも後味は

スッキリとしていて水のようにスーッと飲めるお酒です。

 

私はこのお酒を知り合いのお店の人にいただいて飲んだのですが、本当にキリッとしていて甘みは少なく感じます。

その分、食事の邪魔をしないので食事で飲んでも晩酌としてつまみと一緒に飲んでもおいしく飲めます。

 

日本酒甘口のおすすめの銘柄と飲み方

株式会社一ノ蔵 ひめぜん(宮城)

日本酒度 -70~-60

酸度 不明(4.5~5.5)

 

甘口の日本酒でおすすめなのが宮城にある一ノ蔵という酒蔵のひめぜんです。

飲み方は熱燗、常温、冷やしてがありますが、冷やして飲むのが一番おすすめです。

 

このお酒は甘さと酸っぱさが程よいバランスになっていて、日本酒というよりは飲んだ感じはワインに近いです。

その分、日本酒を初めて飲む人や辛口が好きな人でも飲みやすい日本酒です。

食事中に飲むというよりもチーズなどの洋風なつまみと一緒に飲むとよりおいしく飲めます。

 

黒龍酒造株式会社 黒龍貴醸酒(福井)

日本酒度 -35

酸度 不明

 

もう一つ甘口の日本酒でおすすめなのが、福井にある黒龍酒造の黒龍貴醸酒です。

飲み方はロックか冷やして飲むのがおすすめです。

日本酒好きの人なら黒龍という言葉で【あの黒龍だ】と気づく人も多いのではないでしょうか。

 

よく知られている黒龍は辛口寄りですが、この黒龍貴醸酒は仕込み水の代わりに黒龍純吟を贅沢に使って仕込まれた日本酒なのでリッチな味わいになっています。

味はとてもフルーティーでまるでフルーツを食べているかのような甘みがあります。

 

いつもの黒龍とは違った味を試してみるのも面白いですね。

また、この黒龍はよく見る720mlと150mlの2種類がラインナップされているので、お試しで150mlの方を買ってみて気に入れば720mlの方を買って楽しむということもできます。

 

初めての日本酒は辛口・甘口どちらが人気?

日本酒

 

これを読んでいるあなたはまだ日本酒を飲んだことがないかもしれません。

最初に飲む日本酒をどれにしようか迷いますよね?

 

初めての日本酒を選ぶ上で辛口か甘口かって大事なポイントです。

そこで最初に飲むなら辛口と甘口どちらがいいのか?

辛口と甘口どちらを飲む人が多いのか?

気になりますよね。

 

ズバリ初めての日本酒には甘口の方が人気です。

 

これはどちらかというと甘口の方が人気ということなんです。

これでは辛口と甘口どっちを最初に飲んだらいいかわからないですよね。

辛口がおすすめの人と甘口がおすすめの人、つまり辛口タイプと甘口タイプこの2つのタイプに分かれるのでそれについて紹介します。

 

自分のタイプはどちらでしたか?

最初に飲む日本酒って本当に大事です。

 

最初に飲む日本酒でその後の日本酒のイメージが変わります。

日本酒っておいしい、好きだと思うこともあれば、日本酒っておいしくない、苦手だなと思うこともあります。

辛口タイプと甘口タイプを参考に初めての日本酒を選んでみてください。

 

初めて飲む日本酒辛口のおすすめの銘柄と飲み方

八海醸造株式会社 八海山純米吟醸 (新潟)

日本酒度 +4

酸度 1.2

 

初めて飲む日本酒の辛口でおすすめなのが、新潟にある八海醸造株式会社の八海山純米吟醸です。

飲み方は熱燗~冷やして、どの飲み方もおすすめですが、熱燗が特にお米の香りがふわっと香るのでおすすめです。

 

日本酒を飲んだことない人でもこの銘柄は聞いたことがあるという人も多いと思います。

お米の旨味がありながらも後味が気にならずすっきりと飲める日本酒です。

日本酒度は高すぎず酸度が低めなのでバランスの取れた味で、初めて飲む辛口としては飲みやすいです。

この味が好きだなと思ったらもう少し日本酒度の高い日本酒や日本酒度が+2.+3くらいの日本酒を飲んでみてください。

 

初めて飲む日本酒甘口のおすすめの銘柄と飲み方

宝酒造株式会社 松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング (兵庫)

日本酒度 -70

酸度 4.0

 

初めて飲む日本酒の甘口でおすすめなのが、宝酒造株式会社の澪スパークリングです。

飲み方はしっかり冷やして飲むのがおすすめです。

スパークリングワインやシャンパンのようにグラスもしっかり冷やして飲むととてもおいしく飲めます。

 

宝酒造という会社名はよく聞きますよね。

その宝酒造が新感覚のお酒として出しているのがこの【澪スパークリング】です。

 

日本酒ですがスパークリングワインを飲む感覚で飲めるので、ワインやシャンパンが好きな人にはとても飲みやすい日本酒となっています。

 

初めて飲む人でも日本酒っぽさをあまり感じずフルーティーな味なのでとてもおすすめです。

150ml、300ml、750mlと3サイズあるのですが、300mlが程よい量で澪の味を楽しめます。

またコンビニなどにも売っているので手軽に飲めるところもおすすめです。

この【澪】のシリーズには「澪DRY」や「澪BRUT」などがあるのでそちらも飲んでみてください。

これがおいしいなと思ったら、スパークリングではない甘口の日本酒や日本酒度が±0に近い日本酒に挑戦してみてください。

 

日本酒の辛口・甘口の違いは日本酒度!おすすめの銘柄を楽しもう

日本酒

 

日本酒の辛口・甘口の違い

・日本酒度が高いほど辛口になりますが酸度とアミノ酸度の量によって味わいが変わる

・味のタイプは【淡麗甘口】【濃厚甘口】【淡麗辛口】【濃厚辛口】に分類される

・辛口のおすすめ「酔鯨特別純米酒」「三千盛超特」

・甘口のおすすめ「一ノ蔵ひめぜん」「黒龍貴醸酒」

・初めて飲む日本酒は甘口が人気だけど「辛口タイプ」と「甘口タイプ」によって決めた方がいい

・初めての辛口は「八海山純米吟醸」初めての甘口は「澪スパークリング」がおすすめ

 

日本酒の辛口と甘口の違いは奥が深いですね。

 

同じ辛口、甘口と分類される日本酒でも酸度の違いや香り、舌に残る風味でそれぞれまったく違う味にも感じます。

 

日本酒に限らずウイスキーでもワインでもビールにも言えることですが、たくさんの種類のお酒を飲むことで少しずつ違いが分かるようになってきます。

 

私も最初は日本酒の違いがわかりませんでしたが飲んでいくうちに辛口甘口の違いや癖があるかないかなどもわかるようになりました。

最初に飲んだ日本酒の銘柄は正直覚えていません。

 

ある日知り合いに勧められて飲んだ日本酒がすごくおいしくていくらでも飲めてしまうほどの味だったんです。

それは辛口の日本酒でした。

そこから私は辛口をメインに飲んでいます。

 

みなさんも日本酒を飲むときに辛口か甘口かを少し気にして飲んでみてください。

きっとお気に入りの日本酒が見つかりますよ。

 

おつまみ付きのおすすめ日本酒「saketaku」

今なら日本酒の宅配サービス「saketaku」で500円分のクーポンがもらえる!

日本酒のプロが厳選した日本酒を毎月自宅で飲めるサービスの「saketaku」で毎月150名限定の500円分のサービスを受けることができます。

クーポンの受け取り方は「saketaku」のホームページ一番下にメールアドレスを登録するだけ!

「saketaku」のホームページはこちら

希少で美味しい日本酒を毎月お届けしている日本酒の定期便「saketaku」を有効活用してください。

お酒と上手く付き合っていくためのアルコールチェック

 

あなたはアルコールが体質によってどの程度分解できるか決まっていることを知っていますか?

お酒と上手く付き合っていくためにはあなたのアルコール体質を知ることが重要です。

 

お酒は飲み続けても強くなりません!

かなりの部分で遺伝的体質によって決まっているのがお酒の強さなのです。

なかなか酔わないからといって急ピッチでお酒を飲んでいると急性アルコール中毒の危険もあり注意が必要。

お酒と楽しく長く付き合うためにも一度あなたのアルコール体質をチェックしましょう!

 

アルコール体質をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました