飲まない高級酒はお酒の買い取りサービスを利用しよう!高価ウィスキー買い取り需要が熱い


お酒が好きな人にありがちなのが、珍しいウィスキーなどを見つけると買い集めてしまい家での置き場がなくなってしまうことがよくあります。

 

僕も将来のお店開業のためにと限定ウィスキーや、廃版になる予定のウィスキーなどは購入して保管するようにしていたのですが、置き場もなくなり、いつ飲むのかわからないお酒が増えてしまいました。

 

そこで利用したのが、お酒の買い取りサービス「ジョイラボ」です。

簡単スピード査定とお客様負担額ゼロの文字に惹かれての利用でしたが、愛着のあるコレクションを楽しく飲んでもらえる人の手元に回ったことはとても嬉しく思います。

 

売れたお金で新しいお酒も買えるし、お酒は嗜好品なので飲んでもらうことに意味があります。

 

お家に飲む予定のない高価なウィスキーや高級酒を置いている人はぜひ利用してみてください。

 

お酒の買い取りサービスのおすすめポイント

  • ネットで簡単にお酒の買い取り査定申し込みができる
  • 全国店舗展開しているので早く買い取ってもらえる
  • 出張査定や送るだけの宅配買取でどこでも買い取り可能
  • どんなお酒でも正確な金額での買い取り可能
  • ワインや日本酒など幅広く買い取り可能




お酒買取専門店 JOYLAB(ジョイラボ)

スポンサーリンク

お酒買い取りサービスとは?話題のジャパニーズウィスキーや古い高級酒も高額査定

近年のウィスキー人気はすごいものがありますが、廃版になった瞬間の値段の高騰率も異常なほどです。

お酒買い取りサービス「ジョイラボ」ではウィスキーやブランデーなどの有名銘柄のほかにも、査定の難しいワインや日本酒といった醸造酒の買い取りも行っています。

 

飲む予定のないお酒や遺品整理等で出てきたたくさんのウィスキーなどをまとめて査定してもらうことで思わぬ高額買取のお酒が出てくるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

簡単お酒の買い取りサービス「ジョイラボ」の使い方と評判とは?

お酒の買い取りサービスを行っている会社はたくさんありますが、今回は使い方が簡単な「ジョイラボ」を紹介していきたいと思います。

 

「ジョイラボ」ではネットで簡単に無料査定ができるほか、宅配買取がありお家で簡単にまとめて配送するだけでお酒を買い取ってもらえます。

 

お酒は液体なので、持ち運ぶのは意外と大変です。

買い取りをしてくれるお店まで持っていかなくてもいいのはとても助かるサービスですね。

 

お酒の買い取りに宅配を使うとお金がかかるんじゃないか不安な人も安心の「お客様負担ゼロ」をしているので配送手数料もかかりません。

お酒の買い取り「ジョイラボ」はネットで簡単無料査定

 

「ジョイラボ」ではネットで簡単に、しかも無料でお酒の買い取り価格を査定してもらうことができます。

「このお酒、売りたいけどいくらぐらいなんだろう?」

そう思ったらまずは気軽に無料査定をしてみましょう。

 

思わぬお酒が高額買い取りしてもらえる場合もあるので、買い取り相場を知るためにもぜひ試してみてください。

 

【ジョイラボのお酒買取方法】店頭買い取りの使い方とは?

 

「ジョイラボ」は現在全国に6つの店舗を展開しています。

 

お酒買取「ジョイラボ」の店舗一覧

  • 札幌店
  • 渋谷店
  • 新宿店
  • 名古屋店
  • 心斎橋店
  • 北九州店

 

店舗がお近くの場合は、持ち込み査定も可能で金額に満足がいかなければキャンセルも可能ですので、安心してください。

詳しい店舗情報をみる

 

【ジョイラボのお酒買取方法】出張買い取りの使い方とは?

 

出張買い取りでは、「ジョイラボ」のスタッフがご指定の場所まで車で来てくれて、その場で査定・買い取りをしてくれます。

 

査定の金額に満足がいかなかった場合はその場でキャンセルも可能で、もちろんキャンセル料もかかりません。

 

出張買い取りの使い方の流れ

  1. まずはWEBからの申し込みで事前に査定を行います
  2. あなたの都合のいい日時と場所の指定をします(スケジュール次第で当日買い取りも可能)
  3. 打ち合わせした日時と場所スタッフと合流・身分証明証での本人確認
  4. お酒の状態確認・本査定
  5. 買い取り成立・お支払い

 

事前にWEB査定をしてからの出張買い取りとなります。

だいたいの金額を知ってからお酒を売ることができるので、安心してお願いすることができます。

 

宅配買取では何が起きるかわからないと不安な人にはおすすめのお酒買い取り方法になります。

 

【ジョイラボのお酒買取方法】宅配買い取りの使い方とは?

 

宅配買い取りでは、配送に便利な宅配買い取りキットが用意されているので、簡単に申し込むことができます。

もちろん送料等の手数料はかかりませんので安心してお酒の買い取りを頼むことができます。

 

宅配買い取りの流れ

  1. まずはWEBからの事前査定の申し込み
  2. 金額を確認したら宅配キットの申し込み
  3. 到着後お酒の梱包(買い取り申込書・身分証のコピーも同封)
  4. お酒到着後本査定・あなたに本査定の金額が連絡されます。
  5. 買い取り成立・指定口座へのお支払い

 

お酒の買い取りサービスのなかでも1番便利な宅配買い取りはどこに住んでいてもお願いすることができるので重宝します。

 

また大量にお酒の処分をしたい場合なども簡単に売ることができるので、ぜひ活用してください。

「ジョイラボ」ならお酒買い取り代金は即日お支払い

 

「ジョイラボ」では安心・安全な取引を心掛けていて、お酒の買い取り料金は即日その場でお支払いとなっています。

 

宅配買い取りの場合も、本査定終了後すぐに振り込み作業に入ってくれるので、入金までの時間がほとんどかかりません。

 

急ぎでお金の準備が必要な時にも手続きに時間がかからないのは嬉しいですね。

そのほかにも、お酒買い取りサービス10社を対象にしたアンケートでは

  • お酒買い取り満足度1位
  • お酒買い取り価格満足度1位
  • スタッフ対応満足度1位

と素晴らしい結果となっています。

 

不要なお酒を売りたいなら出張・宅配買取がおすすめ!

 

「ジョイラボ」でお酒を売る場合はWEBでの事前査定である程度の金額が分かり、簡単に買い取りをしてくれる出張買い取りか宅配買い取りを利用することをおすすめします。

 

このふたつのお酒買い取りサービスならお家で簡単に不要なお酒の買い取りを行えるので、重いお酒を運ぶ必要もありませんし、わざわざ店舗まで出向く必要もありません。

 

簡単にお酒の買い取りを行えるサービスを上手に使っていきましょう。




お酒買取専門店 JOYLAB(ジョイラボ)

スポンサーリンク

お酒買い取りサービス「ジョイラボ」で高く売れるお酒のジャンルとは?

お酒を売る時に気になるのはどんなお酒が高く売れるのか?

ちょっとでも知っていれば意外とあなたが持っているお酒にも高額で売買されているものが眠っているかもしれません。

最近の値段の高騰が激しいお酒は国産ウィスキーが1番でしょう。

 

特に販売が終了した白州12年や響17年などは高値で取引されているので要チェックです。

 

お酒の買い取りで高く売れる人気国産ウィスキー

 

やはり国産ウィスキーの買い取り価格が大きく伸びてきています。

2019年6月現在の買い取り価格になりますので、お酒を売る場合は、必ず「ジョイラボ」公式サイトでの確認をしてください。

 

国産ウィスキー高価買取リスト

  • 響17年 買い取り価格30,000円
  • 山崎12年 買い取り価格13,000円
  • 山崎18年 買い取り価格60,000円
  • 白州12年 買い取り価格22,000円
  • 白州18年 買い取り価格41,500円
  • 竹鶴17年 買い取り価格13,000円

 

山崎12年や白州12年はちょっと前までスーパーなどでも売っていることがあったメジャーな国産ウィスキーなので、手元に持っている人も多いのではないでしょうか?

そんな気軽に買えていたウィスキーですらこの値段での売買がされているので、もしなんとなく保管しているものがある場合は売ることも考えてみてはどうでしょうか?

お酒の買い取りで高く売れる人気海外ウィスキー

 

国産ウィスキーに比べるとそこまで急激に高値で売れるウィスキーは少ないですが、生産数が少ないものや一時販売休止などになっているウィスキーに関しては高値で取引されている場合が多いです。

 

海外ウィスキー高価買取リスト

  • マッカラン12年 買い取り価格3,500円
  • マッカラン18年 買い取り価格20,000円

 

海外ウィスキーの買い取り価格は変動が激しく、サイトにも値段の表記が少なくなっています。

売りたい海外ウィスキーがある場合はぜひ1度「ジョイラボ」のWEB無料査定を利用してみてください。

お酒の買い取りで高く売れる人気ワイン

 

ワインは結構昔から、資産としての価値も高くお酒の売買でも人気の商品です。

値段の増減は他のお酒に比べると少ないですが、当たり年のワインなどになると高値で取引されることが多いのが特徴です。

 

ワイン高価買取リスト

  • ドンペリニヨン2009年 買い取り価格11,000円
  • クリュッグ      買い取り価格15,000円
  • オーパスワン2014年  買い取り価格31,000円

 

ワインはその種類の多さや保存状況の確認など査定が難しいとされていますが、「ジョイラボ」ならしっかりと査定を行ってくれます。

ワインコレクションをお持ちの方はしっかりとした査定をしてもらえるように気をつけましょう。

お酒の買い取りで高く売れる人気焼酎

 

焼酎も人気が高く幻と言われる3M(魔王・村尾・森伊蔵)はいつも高値で取引されています。

安酒と見られることが多い焼酎ですが、プレミアム焼酎は結構いい値段がするので、あなたのお酒コレクションに焼酎があったらチェックしてみましょう。

 

焼酎高価買取リスト

  • 森伊蔵一升瓶 買い取り価格13,000円
  • 村尾一升瓶  買い取り価格7,000円
  • 魔王一升瓶  買い取り価格6,000円

 

このほかにも星の数ほどの焼酎が存在するので、不要なものがあった場合は査定に出してどのぐらいの価値なのか確認してみるといいでしょう。

 

また珍しい地酒とおつまみを探している人はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

お酒を売る時のポイントや注意点!高く売れるウィスキーとは?

お酒を高額買い取りしてくれるといっても、人気が高いお酒やもともと高級なものが高く売れるのであって、どこでも手に入るようなお酒では高く買い取ってもらうことはできません。

 

では、どのようなお酒を売れば高く売れるのか?

1番値段が上がるのは販売終了したウィスキーや、数量限定ウィスキーなどが高く売れる傾向にあります。

 

狙って購入しておくのは難しいですが、ジャパニーズウィスキー山崎12年などはもともとスーパーでも売っていたようなお酒が、かなり高額な値段になっているものもあるのでねらい目です。

 

お酒の買い取りサービスはせどりにも使われる

 

せどりとは、商品を安く仕入れて別の場所で仕入れ額より高く売ることで収入を得る副業などで人気の高いビジネススタイルです。

 

現在ウィスキーなどのお酒は値段の上がり幅が大きいので、販売停止情報が入った段階で大量に仕入れて、値段が上がってきたら売るといった方法がよくとられています。

 

バーテンダーの僕としては、お酒は飲みものなので楽しんで飲んでほしい気持ちは大きいですが、その目の付け所と、情報収集能力はすごいなぁと思います。

しかし、バーの仕入れにも影響が出るので買い占めだけはやめてほしいですね。

 

お酒は資産としての価値もあるので保管する場合もある

 

最近では金やプラチナのように資産価値の高いものとして、ウィスキーなどのお酒を保管しているお金持ちも増えてきているようです。

特にジャパニーズウィスキーはその人気から、海外オークションで数千万円で取引されているものもあるほどです。

 

昔は高級ワインを資産として持つ人が多かったのですが、保存の難しさや値段の移り変わりによりウィスキーのほうにシフトしてきているようです。

 

特に、日本産のウィスキーやジン・ワインや日本酒などは人気がどんどん上がってきているお酒なので、これから値段の高騰が予想されています。

 

スポンサーリンク

不要なお酒を高く売って新しいお酒を買おう!お酒の買い取りサービスの上手な使い方

 

お酒好きはどうしても持っていないボトルを見ると買いたくなってしまう衝動を抑えれないものです。

 

僕も必要以上にお酒を買ってしまうことが多々あります。

限定だからと言って同じお酒を何本も買ったり、シリーズを揃えるために毎年発売のウィスキーを買い集めたりと、置き場に困ってしまう羽目になりました。

 

お酒の買い取りサービスは上手に使えば、買った時より高値で売れることもよくあるので、ぜひ上手に利用していきましょう。


お酒買取専門店 JOYLAB(ジョイラボ)

 

コメント

  1. なかい より:

    お酒の買取サービスがあるんですね。知りませんでした。
    もっぱら飲む専門なもんで笑

    • bartender より:

      訪問していただきありがとうございます。

      お酒が好きになるとどんどんボトルが増えてしまうことも多いので、せっかくのおいしい状態から遠のいてしまうこともあります。
      おいしいうちに飲めそうにない場合は、手放すのも手段の一つですね!

タイトルとURLをコピーしました