ジョニーウォーカーブラックラベルオリジン発売決定!4種類の地域ごとのブレンデッドスコッチウィスキー

ジョニーウォーカーブラックラベルオリジン
Pocket

ジョニーウォーカーといえば、普段ウィスキーを飲まない人でも知っている有名なスコッチウィスキー。

今回新発売されるのはスコッチウィスキーの中でも人気の高い地域「ハイランド」「アイラ」「スペイサイド」「ローランド」のウィスキーをブレンドした新作【ジョニーウォーカーブラックラベルオリジンシリーズ】です。

4つの地域それぞれをボトリングするため、4種類の新作ウィスキーが販売されます。

 

2020年4月28日より「スペイサイドオリジン」「ローランドオリジン」の2種類の販売が開始され、翌年には4種類すべてのジョニーウォーカーブラックラベルオリジンが発売される予定になっています。

 

キャンベルタウンオリジンがないのは、ジョニーウォーカーを所有するディアジオ社がキャンベルタウン地域の蒸留所を所有していないからというのが原因。

また、「アイランド」地域でのくくりにしても、タリスカーしか所有していないためブレンドが不可能なことで製造がされないようです。

 

ジョニーウォーカーブラックラベルオリジン

ハイランドオリジン:クライヌリッシュ・ティーニニックを使用

アイラオリジン:ラガヴーリン・カリラを使用

スペイサイドオリジン:カーデュ・グレンデュランを使用

ローランドオリジン:グレンキンチー・キャメロンブリッジを使用

 

簡単、新鮮、おいしい炭酸水ハイボール【ソーダストリーム公式サイト】



ジョニーウォーカーブラックラベルハイランドオリジン

 

「ジョニーウォーカーブラックラベルハイランドオリジン」はメインモルトにクライヌリッシュとティーニニックを使用したブレンデッドスコッチウィスキーです。

 

ハイランドウィスキーと言えば飲みやすく華やかな味が多いイメージですが、ちょっと刺激の強いクライヌリッシュを使用することでしっかりとした味わいに仕上がっています。

 

ハイランドオリジンに使用される「クライヌリッシュ」

 

クライヌリッシュと言えばオフィシャルボトルでも人気が高く、ボトラーズボトルも多く発売されている人気のウィスキーです。

今回「ジョニーウォーカーブラックラベルハイランドオリジン」に使用されると聞いて個人的に期待しています。

 

ラベルにヤマネコが描かれていることで知られていますが、このヤマネコはサザーランド公爵の副紋章でもあります。

 

「ジョニーウォーカーブラックラベルハイランドオリジン」の中でクライヌリッシュの香りや味がどのように広がっていくのか楽しみですね!

 

クライヌリッシュの特徴

香り:熟したフルーツのような酸味のある香り

:スパイシーかつクリーミー、はちみつのような甘さもある

余韻:樽の香りが広がり、バランスの良いオイリーさ

おすすめの飲み方:ストレート・ロック・ソーダ割り(ハイボール)

 

ハイランドオリジンに使用される「ティーニニック」

 

ティーニニックは現在原酒での入手が困難なウィスキーとして知られています。

現在は【花と動物シリーズ】というボトラーズとしてリリースされているウィスキーが主となります。

 

香りが高いティーニニックが「ジョニーウォーカーブラックラベルハイランドオリジン」にどのような存在感を示すのか?

とても華やかなウィスキーになりそうです。

 

ティーニニックの特徴

香り:フレッシュで熟したりんごのような香り

:スムースで、少しだけドライ冠を感じる

余韻:香りが広がり、アルコール感が少し残る

おすすめの飲み方:ストレート・ソーダ割り(ハイボール)

 

ジョニーウォーカーブラックラベルアイラオリジン

 

「ジョニーウォーカーブラックラベルアイラオリジン」はメインモルトにラガヴーリンとカリラを使用したブレンデッドスコッチウィスキーです。

 

言わずと知れたアイラモルトの名門2種類がどのように味を作っていくのか?

ラガヴーリンの熟成感とカリラのさっぱりとした塩気が完成されたウィスキーの味を作り上げ、バランスよくなっているウィスキーです。

 

アイラオリジンに使用される「ラガヴーリン」

 

ラガヴーリンはアイラモルトの中でも熟成が長く、スタンダードボトルで16年熟成になります。

樽の香りの中に、アイラモルト特有のピート香が奥深く広がるあじわいはぜひ味わってほしいウィスキー。

 

アイラウィスキーの中では熟成感もあり、比較的飲みやすいほうに分類されます。

この熟成感が「ジョニーウォーカーブラックラベルアイラオリジン」でどのように広がるのか楽しみですね。

 

ラガヴーリンの特徴

香り:上品なピート香、樽の香りが広がる

味:まろやかな熟成感、アイラ特有のスモーキーさ

余韻:熟成感を残しつつ長めに残る余韻、鼻から抜ける塩気

おすすめの飲み方:ストレート・ロック

 

アイラオリジンに使用される「カリラ」

 

強すぎないピート香と広がるフルーツ感が魅力のカリラ。

ラフロイグやアードベックと比べるとあまり注目されることは少ないですが、個人的に好きなアイラウィスキーです。

 

飲み疲れないことや、どのような飲み方でもおいしく飲める&コスパも悪くないので家飲み用にも最適な1本。

 

「ジョニーウォーカーブラックラベルアイラオリジン」ではフルーツ感をいかに伸ばすことができるか?

期待が高まります。

 

カリラの特徴

香り:スモーキーフレーバーとドライフルーツのような香り

味:バランスの良い味わい、ウィスキー初心者にもおすすめ

余韻:スパイシーさが鼻に残る

おすすめの飲み方:ストレート・ロック・ソーダ割り(ハイボール)・水割り

 

ジョニーウォーカーブラックラベルスペイサイドオリジン

 

「ジョニーウォーカーブラックラベルスペイサイドオリジン」はキーモルトにカーデュとグレンデュランを使用したスコッチブレンデットウィスキーです。

 

どちらも比較的マイナーなウィスキーのため、知らない人のほうが多いでしょうがバランスの取れたウィスキーです。

 

結構飲みやすいウィスキー2種類のため「ジョニーウォーカーブラックラベルスペイサイドオリジン」も万人受けする味わいになるのではないかと予想しています。

 

スペイサイドオリジンに使用されるカーデュ

 

もともとジョニーウォーカーブラックラベルのキーモルトとして使用されているカーデュ。

軽い味わいと広がる香りの芳醇さから女性におすすめしたいモルトウィスキーになります。

 

ウィスキーを飲んだことがない人でも気軽に楽しめるウィスキーがあることは嬉しいですね。

味の軽さに比べて圧倒的に香りは強いので、飲みやすい爽やかで華のあるウィスキーです。

 

カーデュの特徴

香り:嫌みの無い芳醇な華やかな香り

味:ライトで飲みやすい味わい

余韻:スパイシーさが残る、香りが広がる

おすすめの飲み方:ロック・ソーダ割り(ハイボール)

 

スペイサイドオリジンに使用されるグレンデュラン(グレンダラン)

 

グレンデュランはスコッチブレンデットウィスキー「オールドパー」のキーモルトとして使われていることで有名です。

普通に売ってはいるのですが、日本ではシングルトンという銘柄での販売がほとんど。

ボトラーズだとグレンデュランで売っていることもありますが、高いので注意が必要です。

 

スムースな飲み口とリッチな味わいが特徴的なウィスキーです。

 

グレンデュラン(グレンダラン)の特徴

香り:白ブドウのようなフレッシュさ

味:バタークリームのような甘さ

余韻:ナッツのような香りと麦の香りが残る

おすすめの飲み方:ストレート・ロック・ソーダ割り(ハイボール)

 

ジョニーウォーカーブラックラベルローランドオリジン

 

「ジョニーウォーカーブラックラベルローランドオリジン」ではグレンキンチーとキャメロンブリッジが使用されたスコッチブレンデットウィスキーです。

 

ローランドモルトはあまりメジャーではないものが多く、比較的飲みやすい味や香りの特徴が薄いことで知られています。

 

逆に言えば飲みやすいので、ウィスキー初心者でも気軽にチャレンジできるのはいいことですね。

 

ローランドオリジンに使用される「グレンキンチー」

 

ローランドモルトウィスキーの中で、最も一般的とされるのがグレンキンチー。

ウィスキーが好きな人でもローランドモルトと聞いて思い浮かぶのはグレンキンチーかオーヘントッシャンぐらいではないでしょうか?

 

グレンキンチーも元々ジョニーウォーカーのキーモルトとして使用されているウィスキーなので、ブレンドに使用するあじわいはお墨付き!

 

スムースかつライトな味なので、他のスコッチウィスキーと比べると飲みやすすぎる印象を受けます。

 

グレンキンチーの特徴

香り:ハーブのようなライトな香り

味:とにかくスムース、アルコール感を感じない

余韻:ドライ感が残る

おすすめの飲み方:ロック

 

ローランドオリジンに使用される「キャメロンブリッジ」

 

キャメロンブリッジと聞いてもあまりピンとくる人は少ないでしょう。

基本はジョニーウォーカーの主成分としてほとんどが使用されるため、キャメロンブリッジをそのまま飲む機会は少ないです。

 

ちなみにキャメロンブリッジはモルトウイスキーではなくグレーンウィスキーとなるため、穀類のみを原料にして作られています。

ホワイトスピリッツに近いあじわいがするので正直そのまま飲むよりは、ブレンド後のジョニーウォーカーを飲むことをおすすめします。

 

キャメロンブリッジの特徴

香り:刺激が残るが熟成感のある香り

味:甘い味わいとグレーンの穀物感

余韻:9年熟成のシェリー感が残る

おすすめの飲み方:ロック・ソーダ割り(ハイボール)

 

ジョニーウォーカーブラックラベルオリジンシリーズは家飲み用ハイボールにおすすめ

 

ジョニーウォーカーブラックラベルオリジンシリーズは4種類の違ったブレンドを楽しめるため、シリーズを揃えて家飲み用に最適です。

 

値段もそこまで高くならないことが予想されるので、気軽に手に入れることができるでしょう。

特にソーダ割り(ハイボール)に合いそうなウィスキーが多いので、お手軽に飲めるお酒としてストックしてみてはいかがでしょうか?

 

簡単、新鮮、おいしい炭酸水ハイボール【ソーダストリーム公式サイト】



 

お酒と上手く付き合っていくためのアルコールチェック

あなたはアルコールが体質によってどの程度分解できるか決まっていることを知っていますか?

お酒と上手く付き合っていくためにはあなたのアルコール体質を知ることが重要です。

 

お酒は飲み続けても強くなりません!

かなりの部分で遺伝的体質によって決まっているのがお酒の強さなのです。

なかなか酔わないからといって急ピッチでお酒を飲んでいると急性アルコール中毒の危険もあり注意が必要。

 

お酒と楽しく長く付き合うためにも一度あなたのアルコール体質をチェックしましょう!

 

アルコール体質をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました