【新発売ウィスキー】ジョニーウォーカーブラックラベル12年シェリーエディションの評価や他ラベルとの違い

Pocket

今回新発売された王道スコッチブレンデッドウィスキーのジョニーウォーカーから「ジョニーウォーカーブラックラベル12年シェリーエディション」の紹介です。

ジョニーウォーカーといえば古くから多くの方に愛されており、シリーズも種類豊富に販売されています。

今回発売されるのはお酒好きの間で「ジョニ黒」と言われる「ジョニーウォーカーブラックラベル」をシェリー樽で熟成したウィスキーです。

 

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディションの価格や評価

今回新発売される「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション」は現行品の「ジョニーウォーカー12年」のスタンスであるスモーキーさ、甘み、ウッディさ(樽香)のうちの甘みにポイントを置いて作られたブレンデッドウィスキーでシェリー樽熟成の原酒を大胆に使用して甘みを最大限に表現したジョニーウォーカーになっています。

 

数量限定発売になっており、発売日は2018年10月30日を予定していますがすでに予約は開始いています。

Amazonでの予約はこちらからできます。「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディションの予約

 

モルト原酒だけでも29か所以上のウィスキーを使用して作るジョニーウォーカーは複雑な味わいを醸し出し、シェリー樽の甘みがその複雑さを包んでいくバランスのいいブレンドになっています。

 

※シェリー樽をふんだんに使用しているのでおいしいであろうことはわかるのですが、発売されたらまた飲んでみて、テイスティングノートを追記します。

シリーズの中でもイチオシ!ジョニーウォーカーブルーラベル

ジョニーウォーカー ブルーラベル (ジョニ青) 40度 750ml [正規品]
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)

 

ここからはジョニーウォーカーシリーズのウィスキーを紹介します。

まずはジョニーウォーカーの中でも群を抜いておいしい味をしている「ジョニーウォーカーブルーラベル」の紹介です。

現在ジョニーウォーカーはキリンビールが輸入代理店として販売しているのですが、こちらの「ジョニーウォーカーブルーラベル」のみキリンビールの取り扱いにはなっていません。

 

このブルーラベルはジョニーウォーカーの創始者であるジョン・ウォーカーが特別な顧客向けにブレンドしたものを再現したウィスキーになっていて、原酒には1部40年や50年熟成のウィスキーをブレンドしてあるそうです。

 

香りははちみつのような甘みのあるまろやかさ、かすかにピート香を感じるフレーバーで、味わいはアロマを飲んでいるかのようなさまざまな味が口の中に広がりますが、刺激等はなくすべてが一体となっている錯覚さえあります。

非常に長期熟成の原酒を使っているからなのでしょうが人のブレンドする究極といっても過言ではないと思います。

正直少し高いですが、ほかのウィスキーとは一線を画す違いがありスコッチブレンデッドウィスキーの中では最高峰と言えるでしょう。

 

 

年間生産本数も4000本限定でボトルにもシリアルナンバー付きとなっています。

ウィスキーが入っているボックスもかなり豪勢な造りとなっているので、大切な方への贈り物としても最適です。

 

ジョニウォーカーブルーラベルについては「ジョニーウォーカーブルーラベルよりジャパンリミテッドエディション2019が新発売!人気のジョニ青日本限定ボトルとは?おいしさの秘訣をお伝えします 」で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

ボトルが可愛いジョニーウォーカースウィング

 

ボトルの形が珍しい「ジョニーウォーカースイング」は前や後ろにかたむけても元のまっすぐに戻る不思議な形をしています。

この形状をしているのは20世紀前半に盛んになった豪華客船での船旅の際、時より訪れる高波によって船が大きく揺れてもウィスキーが倒れないようにした結果によるものです。

 

原酒には17年以上熟成されたものが使用されています。

香りはスイングも複雑で華やか、ストレートで飲むと若干のアルコール感が気になってくるのでロックで飲むほうがいいかもしれません。

17年以上熟成の原酒を使っている割には少しアルコール感は強いですが、ロックにすれば気にならないですし、値段もわりと安いので総合的におすすめなウィスキーと言えるでしょう。

 

この「ジョニーウォーカースイング」は年代によって配合が大きく変わっているということで、1960~70年代のものはスペイサイド、ハイランドモルトが原酒として多く使われ、1990年代以降流通されているものは甘さが控えめにブレンドされています。

 

見分け方は非常に簡単で、1960年以前はコルクキャップ、1970年~80年代初頭がメタルスクリュー、1980年後期~90年代がプラスクリュー、それ以降がラベルが紙製になります。

 

最近はあまり古いものも見なくなってきましたが、もし見つけたら飲んでみて現行品と比べてみるのも楽しいかもしれません。

 

価格と評価ともに安定のジョニーウォーカーワインカスクブレンド

 

ジョニーウォーカーワインカスクブレンド」は2018年5月1日に発売が開始された新商品で今回予約が開始された「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション」のワイン樽熟成バージョンになります。

 

ワインのように食事、特にデザートとのマリアージュを楽しめるスコッチというコンセプトに作られたこのウィスキーは、ブレンダーズバッチシリーズと言われ12名のブレンダーの方が既存の概念にとらわれないウィスキーとして生み出されました。

 

さまざまなワイン樽を使用して作られるこの「ジョニーウォーカーワインカスクブレンド」はまるでフルーツのような甘み、上品な爽やかさに華やかさを感じるブレンドに仕上がっています。

 

これは女性ブレンダーであるエイミー・ギブソンさんの繊細かつ女性特有の感性から生まれたものだからこその味わいなのでしょう。

 

ワイン樽特有の香りを生かしつつ、甘みがしっかりと前に出るようにハイボールで飲まれることをおすすめします。

 

一応限定商品にはなっているのですが、かなり安価で買えるのもひとつの魅力と言えるでしょう。

 

オフィシャル・ジョニーウォーカー18年

created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)

 

ジョニーウォーカーのヴィンテージ表示品の中では1番のオールドである「ジョニーウォーカー18年」は約800万樽という圧倒的ストックの中から18年以上熟成のものを厳選し、200年の歴史あるブレンド技術を充分に発揮したボトルになっています。

 

ジョニーウォーカーブルーラベル」が最高の熟成のものを利用したウィスキーなのに対して「ジョニーウォーカー18年」は最高のブレンド技術を発揮したウィスキーとなっています。

 

個人的には「ジョニーウォーカーブルーラベル」のほうが断然好きなのですが、紅茶やスパイスなどの配合にインスピレーションを受けて作られた18年のほうも違った方向に美味しいと思います。

このぐらい違ってくると完全に好みの問題になってくるので、どちらも飲んでみることを強くおすすめします。

圧倒的熟成感と甘みを求めるなら「ジョニーウォーカーブルーラベル

スモーキーかつスムース感を求めるなら「ジョニーウォーカー18年

といった味の感想です。

18年はストレートで飲んでもおいしいですし、ソーダ割りにしてスモーキーさを楽しむのもありだと思います。

 

ジョニーウォーカーの総評価

ジョニーウォーカーは種類の多さや価格の幅広さからさまざまなシチュエーションで飲める万能なスコッチブレンデットウィスキーだと思います。

 

今回予約が開始された「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション」も必ずやおいしいこと間違いないと思うのでぜひこの機会にジョニーウォーカーの広い世界を冒険してみてください。

 

ジョニーウォーカーまだまだ種類がありますのでこちらの「ジョニーウォーカー販売一覧」のほうから探してみてください。

 

そのほかの新発売ウィスキーや、予約の開始したウィスキー

ジャパニーズウィスキー響ブレンダーズチョイス

メーカーズマークの新シリーズ!プライベートセレクトAzとY’sカスクモルト&ハニー

こちらも面白いウィスキーなので、ぜひあわせて読んでみてください。

 

ブログランキング参加中


人気ブログランキング

ジョニーウォーカー ブルーラベル (ジョニ青) 40度 750ml [正規品]
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)

コメント

  1. […] いますので「ぜひ飲んでみてほしいウィスキー!ジョニーウォーカーシリーズ」も合わせてご覧ください。 […]

  2. […] 【ジョニーウォーカーシリーズの記事はこちら】 […]

  3. […] 【ジョニーウォーカーシリーズ紹介記事】 […]

タイトルとURLをコピーしました