ハロウィン発祥の地であるアイルランドのギネスを飲みに仮装やコスプレをしてアイリッシュパブへ行こう!

Pocket

ハロウィンは毎年仮装をすると決めているのら猫(@bar_noraneko)です。

近年人気がとてもでていてどこもかしこもお祭り騒ぎになってきたハロウィン、僕の住む博多の街でも仮装パレード&コンテストが毎年行われており、コンテスト優勝者には賞金が出たりしています。

 

ではハロウィンとアイルランドいったいどんなつながりがあるのか?

実はハロウィンの発祥はアイルランドなのです。

意外と知られてなくてビックリのかたもいらっしゃるでしょう。イメージだけで言ったらアメリカとかっぽいですしね。

今では仮装して子供たちがお菓子をもらったり、大人たちがパレードだったりで楽しんだりしているハロウィンですが、すこし深く掘り下げていってみましょう。

 

スポンサーリンク

そもそもハロウィンってどんな意味のお祭りなの?

 

もともとはハロウィンは秋の収穫祭と悪霊が来ないようにと言った宗教的なお祭りになります。

最初のハロウィンとはケルト民族(古代アイルランド民族)の行っていたサウィン祭というものが起源となっています。

その頃のケルト民族は1年の終わりが10月31日となっていて先祖の霊が帰ってくるとなっていて、いっけん日本のお盆にも似ていますが古代ケルトの中では霊と一緒に精霊や悪霊も一緒にきてしまうと信じられており、作物を荒らしたり子供をさらったりするとされていました。

 

そうして子供たちに魔よけのお面をかぶせたりしたことが仮装の起源とされています。

 

その後ケルト民族はキリスト教カトリック系民族に侵略されてしまい、カトリック教では、11月1日が聖者の日と決められているので、前日の10月31日を英語で聖者という意味のHALLOWという言葉から今のハロウィンが始まりました。

 

スポンサーリンク

ハロウィンのジャックオーランタンとトリックオアトリートの謎

 

ジャックオーランタンといえばハロウィンでおなじみのカボチャをくりぬいたこれ

 

不気味な雰囲気を出すためだけの小物かと思いきや実はジャックオーランタンにも由来があります。

 

アイルランドの物語で、昔ジャックという悪さばかりする男がいました。

あるとき、ジャックの前に悪魔が現れジャックの魂をとろうとしましたが、ジャックはあの手この手でだまして悪魔に魂をとらないという約束をさせました。

そうしてジャックが寿命で死んだあと行いが悪かったので天国には行けず地獄に行くことになったのですが、あの時の悪魔が目の前に現れてお前の魂はとらないと約束したから地獄へは連れていけないといわれてしまいます。

ジャックは悪魔から火の魂をもらいそれをかぶに入れてちょうちんにして、天国にも地獄にも行けずさまよい続けるという話です。

 

その物語から悪霊を退ける象徴としてジャックオーランタンというものが出来上がりました。

ちなみにジャックオーランタン最初はちゃんとかぶを使って作ってたんですが、アメリカにハロウィンが渡った時にアメリカではカボチャがよく取れるからといった理由でカボチャを使うようになっていきました。

 

お次はお菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!でおなじみなトリックオアトリートという言葉ですがイメージだけだとお祭りで子供たちにも楽しめるようにと思いがちだですよね?

 

実はこれもサウェン祭において異界との隔たりが弱まり、霊たちが徘徊するので先祖たちを大事にしなさいよ!と子供たちが近所の家に警告するために仮装をして回り、トリックオアトリートの意味も【おもてなしをしなきゃいたずらしちゃうぞ】といった先祖たちをしっかり楽しませてやってくれといった言葉の派生になります。

 

ハロウィン奥が深くて、かなり古くからある祭りなのでよくできていると思いませんか?

 

スポンサーリンク

近年のハロウィンとアイリッシュパブの状況

 

近年のハロウィンではそういった伝統的な部分を大事にしつつ、子供から大人まで楽しめるお祭りになっているハロウィンですが、みなさまはどうお過ごしでしょうか?

子供たちにお菓子を配ったり、はたまたパレードに参加したり、学生さんだと学校単位のイベントもあったりすると聞いたので、楽しみ方はかなりあると思います。

 

ここで僕がおすすめしたいのが仮装してアイリッシュパブに遊びに行ってみませんか?

アイリッシュパブの詳細はこちらの「ウィスキーの中でも飲みやすさナンバーワン!!アイリッシュウィスキーのおすすめ銘柄一覧とアイリッシュウィスキーを飲みにアイリッシュパブに行ってみよう」を読んでいただけると楽しさが伝わるかと思います。

 

僕も毎年仮装してアイリッシュパブに飲みに行くのですが、さすがは発祥の地であるアイルランドの飲み屋さんだなと思います。

 

日本でこんなにはやる前からやっていてなおかつ意外と仮装してきてる人が多い!ここ数年は流行っていることもあってかなりの人数がもはや仮装とコスプレの入り混じったカオスな空間(笑)

しかしながらこれが思ったより悪くないんです。

 

男性も女性も普段できない恰好をできるので、みんなで仲良く飲めますし女性にかなりセクシーな格好の方も・・・

お店でハロウィンイベントとしてやっていることも多いので1度お店をのぞいてみて、参加していいかどうか確認さえとれれば楽しめること間違いなしなアイリッシュパブこの機会に常連になれるようぜひ行ってみてください。

 

ブログランキング参加中


人気ブログランキング

コメント

  1. まあさ より:

    まあさです。
    ハロウィンのご紹介ありがとうございます。
    ハロウィンに何かをやったことはありませんが、ケルトの文化にはとても興味があります。
    だいぶ以前には、ケルトの伝統的な模様についての本を読んだことがあります。
    アイリッシュウィスキーは、コーヒーに入れるもんだと思っていましたが、そうですよね、そのまま楽しむものでもありますよね。
    今年のハロウィンには、アイリッシュウィスキーが楽しめるように、それまでに近所にアイリッシュパブがあるかどうか、確かめようと思います。

    • bartender より:

      訪問していただきありがとうございます。
      そして2度目のコメントまでありがとうございます。
      ハロウィン最近でこそかなりの規模でやってますがもともとの意味合いも知ってるとさらに盛り上がれるかと思い記事にしてみました。
      ケルト文化はかなり奥が深くてお酒以外の面でも勉強してて楽しいですしね。

      ちょっと違うのだとスコットランドで使われるゲール語なんかもケルト系言語の派生と言われますし、現在のアイルランド語もゲール語の一種とされています。
      スコッチウィスキーとかにゲール語がつかわれるのも旧アイルランドのケルトの文化からきているといったものです。

      アイリッシュコーヒーもかなり美味しいんですけどロックやストレートでもかなり美味しいですよ!
      新しく通えるバーとアイリッシュパブ探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました