あなたの体はお酒との相性はあってる?アルコール依存症を未然に防ぎ、二日酔いになりやすい体質か調べるアルコール適正遺伝子チェックキット

Pocket

お酒の強さは人によってさまざま、ちょっと飲んだだけで次の日が動けないほどの二日酔いになったり、たくさん飲んでも全く酔わない方とさまざまです。

お酒も飲みすぎるとやはり健康被害が出てしまうので、適度が1番なのですがその量がまた難しいことでしょう。

 

健康診断等を受けてもガンマ値は知れますが、気づいたときにはお酒を禁止された・・・

そんな悲しいことにならないように、長くよりよくお酒と付き合っていくためにも自分の体にとってのお酒の適量はぜひとも知っておくべきだと思います。

 

今回紹介するのは楽しくお酒と付き合うためのアルコール感受性遺伝子検査キットの紹介です。

 

自分のアルコール体質を知ることで将来どのような健康リスクがあるかを知ることによって、自分に合った酒量や立ち振る舞いを知ることができ、これから先のお酒との付き合い方へのアドバイスまでもらえます。

検査自体も簡単で、申し込み後口膣粘膜をキットにて採取して申込書に必要事項を記入後、返送するだけであとは結果を待つだけになっています。

お値段も5000円ちょっとなので今後のためにも気軽に申し込んでみてください。

楽しく長くお酒と付き合うための「アルコール感受性遺伝子検査キット」

 

あなたは飲酒するとどうなりますか?お酒に対する耐性は人によって違う!アルコール耐性タイプ別診断

 

この検査ではまず大きく4つのグループに分けられます。

 

  • ほろ酔い気分になり、テンション最高
  • 頭が痛くなり、二日酔いになる
  • 翌日にも酒臭さが残る
  • 吐くので飲めない

 

人間のもつアルコールの感受性(お酒の残りやすさ、酔っぱらいやすさ)は主に2つの遺伝子によって左右されるらしく、これらを検査で調べることによってお酒が強い、弱いだけではなく「どんな体質なのか?」を知ることで「お酒による健康障害のリスク回避」を助けてくれます。

 

お酒と楽しく長く付き合うためにもこのような情報を自分で理解しているかどうかは大きく影響を及ぼします。

 

お酒は飲み続けても強くならない?アルコールにまつわる疑問を解決

 

お酒は飲み続ければ強くなる、お酒強い人はアルコール依存症にならないなど、まことしやかなことがよく言われていますが、酔っぱらいやすさや二日酔いのなりやすさなどはかなりの比率が遺伝的体質によって決まってきますのでアルコールに対する「風潮」や「常識」には注意が必要です。

 

僕自身もお酒を扱う仕事をしていますが、大きな失敗をしたことがあります。

お酒を飲むことを辞めようと思ったこともありますが、今では自分の体に合ったキャパシティで飲むようにしているので、いい関係を作れています。

 

検査なんかしなくても自分の飲める量は自分が1番知っていると僕自身思っていたからこその失敗なのですが、なかなか酔わないし今日は飲めるな!なんて思ってどんどん強いお酒を飲んでいると倒れてしまったり、急性胃炎になって吐血してしまったりと大変な事態を招きます。

 

最悪急性アルコール中毒による死亡もありうるので、お酒との付き合い方を知るためにも特に若い方は1度調べておくと安心だと思います。

 

お酒が強い・弱いや健康リスクごとに分析結果は9タイプに分かれて分類されます

検査結果は9タイプに分類され、お酒が強い・弱いや健康リスクに対する気をつけるべきタイプなど詳細なタイプ分類の後に別紙にて飲みすぎ予防のポイントや栄養アドバイスなど適切な飲酒のアドバイスをもらえます。

 

お酒が強いか弱いかより、どの程度が体にとって1番いい飲み辞め時なのかを知ることによって、お酒での失敗や二日酔いにならないより良いお酒生活の始まりなので理解し、適度な飲酒を心掛け長く付き合えることがいい酒飲みの才能だと思います。

 

こんな人におすすめ!シーン別飲みすぎないアルコール適応能力を知ろう

ここから先お酒を飲む機会が増えそうな方にもおすすめなのでぜひとも事前に検査して、自分の適量を知っておきましょう。

 

  • 自分に合ったお酒の飲み方を知って、健康で楽しいお酒を長く続けたい方

お酒を適度に飲むことは健康に良いとされ、食欲を増進する効果やストレスを和らげる効果、人間関係を円滑にするなど大きな影響を及ぼします。

適量を守ってバランスのいい食事とともに楽しむことでより良いお酒生活を送りましょう。

 

  • 仕事の付き合いで人より比較的多くお酒を飲む方

「飲みにケーション」という言葉があるように、仕事上お酒を飲むことが多い方は自分のアルコール体質を知っておくことは健康のためにもとても大切です。

健康ありきでお酒と上手く付き合うことで、円滑なコミュニケーションが生まれますのでそのためにも体との相談をしてみましょう。

 

  • お酒を飲む機会の増える新社会人や大学生の方

お酒を飲む機会の増える大学生や新社会人は、飲みなれていなくついつい飲みすぎてしまうことが多くあります。

お酒で仕事を失敗してしまったり、大学で問題を起こしてしまったりと何かが起こってからでは遅いですし、最悪の場合急性アルコール中毒にもなりかねません。

そんな事態を事前に防ぐためにも事前にアルコール体質を知っておきましょう。

 

1度検査してアルコール体質を知っていると、それからの身の振り方や、お酒との付き合い方が大きく変わってきます。

二日酔いやお酒で失敗して、お酒自体が嫌いになられることのないようにしてほしいです。

 

お酒とは長くいい関係を続けていきたい

お酒は適量ならばすべての物事によりよく働きますが、飲みすぎてしまうとどうしても体の限界はきてしまいます。

そしてそれは二日酔いだけにとどまらず中毒症状や記憶障害、性格の激変などよくないほうに働いてしまうこともあるので、ぜひとも自身の体質を知ってよりよい付き合いをしていってください。

 

ブログランキング参加中


人気ブログランキング

コメント

  1. ミラ より:

    こんにちは。
    ランキングからお邪魔しましたミラです。
    調べる方法があるんですね!
    長く楽しむためにお酒を上手に付き合いたいですね。
    ありがとうございました。また訪問します!

    • bartender より:

      毎度訪問&コメントうれしいです。

      自分のアルコールに対する体質はなかなか調べる機会はないので、1度調べておくとお酒との付き合い方もわかって深酒しすぎなかったり、健康被害を回避できるのでバーテンダー的にもおすすめです。
      健康診断だと思って受けてみてほしいです。

  2. ゆきぴ より:

    こんばんは。
    ブログランキングからきました。
    お酒と楽しく長く付き合うためには知っておくのは良いですね。
    お酒が好きなのでとても参考になります。
    ありがとうございます。

    • bartender より:

      僕自身もっと早くに知っていればあんな失敗はなかったと思うことが多々あるのでぜひともおすすめです。
      お酒は自分が意識してる以上に体との関係が密接ですので、いいお付き合いをしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました